フィジー島 探訪紀

ケセランパサランのフィジー島探訪紀

一度は訪れたいフィジー島

幸せを呼ぶと言われるケサランパサラン。
ご存じでしょうか。
ケサランパサランは桐の箱に入れておしろいを与えると増えるという説があります。
そんなケサランパサランは、謎の微生物であったり、妖怪であったり、植物動物であったり…いまだに正確な正体はわかりませんが、そんな幸せを呼ぶというケサランパサランが、皆様にフィジーについてとっておきの情報をお伝えしていきたいと思います。

 

フィジー島は、海が大好きな人におすすめスポットの一つです。
海は自分の悩みを打ち消してくれたり、少人数でも大勢でも楽しめる大自然。
時にはその自然の恐怖をも感じさせられますが、そんな大自然が大好きな人におすすめです。

 

 

フィジー(共和国)はオセアニアの国家であり、その名のとおり一つの島になっていて、300余の火山島と珊瑚からなっています。
首都はビティレブ島のスバであり、ここはショッピングからシュノーケリング、散歩なども楽しめる観光スポットで有名です。
フィジー島は聞いたことあるけど、実はどんな所なのか知らないという人は多いのではないでしょうか。
夏になると、沖縄に行ってマリンスポーツを楽しむ人、ハワイやグアムの海が好きな人、そんな人におすすめなのがこのフィジー島です。

 

夏は比較的カラッとした暑さですが、紫外線の量は半端ない!なんと日本の約7倍だというのです。
素晴らしいリゾート地ではありますが、紫外線対策はかなりしっかりとしていかなければいけませんね。

 

ちなみに、日本からの直行便がなく、韓国や香港、パプアニューギニアなどを経由してのフライト時間がだいたい13〜15時間。
オーストラリアを経由すると15時間〜と長い時間をかけての旅になります。
時差は日本より3時間進めますので、たとえば今が朝の7時だとすると、現地は午前10時となります。
時差としては、そんなに大きくはないので、暫く滞在しても時差ボケの心配はあまりなさそうですね。

 

距離としては結構ありますが、キレイな海を眺めて優雅な時間を過ごしたい人にはぴったりなフィジー。
一度は行ってみたいものですね。

フィジー島のおすすめスポット

フィジーは広大な海がやっぱり一番の魅力でしょうね。
まさに、ケサランパサランがたくさんの幸せを運んでくれるように、フィジーを訪れると多くの幸せと出会えることでしょう。
では、いったいフィジー島にはどんな素晴らしいスポットがあるのでしょうか。
個人的にフィジーに行くなら是非行ってみたいおすすめスポットをご紹介します。

 

 

 

1. Paradise Beach(パシフィック・ハーバー)
こちらはシュノーケル好きにはたまらないスポットだと思います。
澄んだ穏やかな海の中を覗きながらの探検は、日常生活を忘れる癒しの時間でもあり、またワクワクする時間でもあります。
美しいブルーの海を満喫したい人は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

2. Robinsn Crusoe Island(ビティレブ島)
観光スポットでもあり、ホテルでもあるこちらは、非常に人気がある場所の一つです。
一言でいうならば、「小さな島」であり、サンセットクルーズを楽しむこともでき、周りは見渡す限りのキレイな海!
のんびりしたい人にはもってこいのスポット(ホテル)ですね。
夜になると、ディナーショーもあって楽しめるようです。

 

 

3. フィジー博物館
こちらはその名の通りで、フィジーの中心街にある博物館です。
フィジーの歴史に興味がある人にとっては、訪れたい場所の一つでしょう。
展示物はあまりないようですが、屋外に庭園があり、のんびりした時間を過ごすのにももってこいです。

 

 

4. マナ島
こちらは海についてあまり知らない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。
マナ島は、透きとおった神聖なビーチであり、「神の住む島」と呼ばれています。
フィジーに行くならばぜひとも訪れておきたい観光スポットですね。

 

 

5 .ロビンソンクルーソーアイランド
これは、申込が必要な観光ツアーになります。(日帰りです)
ショーも楽しめますし、無料で体験型アクティビティーも楽しむことができます。
本島沖から40分ほど離れていますので、少し変わった時間(空間)を楽しめるでしょう。

 

 

どうですか?行ってみたい場所はありましたか?
キレイな海で日中はシュノーケル、そしてサンセットクルーズ、ディナーショーなど一日中楽しめるフィジーはやっぱり素晴らしいところですね。

 

(出典:フィジー諸島共和国概要

フィジーといえばフレシャスサーバー?

フィジー島は知らないけど、フレシャスウォーターは知っているという人、また逆にフィジー島は知っているけどフレシャスウォーターは聞いたこともない人もいるかと思います。

 

「フレシャスウォーターはフィジー島のお水なの?」と聞いてくる人も多いのが現状で、実はまだまだ知らない人がたくさんいます。
そんな方達にフレシャスウォーターについて聞かれたえら、「フレシャスウォーターは、フィジーから採取された天然水だよ」と答えるのが一番わかりやすいのかなと思います。
しかも、フレシャスウォーターは完全に無添加で、別名シリカ水とも呼ばれ重宝されています。
シリカ水はいわゆるケイ素が含まれたお水で、美容によいと言われています。
フレシャスウォーターを知らないという人はまだまだいますが、実は世界的にも有名なミネラルウォーターなのです。
意見は様々ありますが、まずは参考サイトを見てみることをおすすめします。
http://dental-umehara.com/

 

 

フレシャスウォーターは値段も決して高くはありません。
それこそ、今流行りのトクホ飲料と変わらないくらいの価格で購入できます。
ただし、日本ではやはりまだまだ認知度が低いため、残念ながら近くのスーパーなどでは購入できません。
一部で取り扱っているお店もあるようですが、多くの人は通販で購入していることでしょう。
有名人やセレブの間では結構前から話題沸騰となり、ブログ等でフレシャスウォーターをUPしている芸能人もいるくらいです。
世界中の一流レストランでも採用されるくらい話題を呼ぶフレシャスウォーターは、ケサランパサラン同様、形は違えど女性に多くの幸せをもたらしてくれるかもしれません。
具体的にどう変わるのか、それは髪が艶々になったり、爪が丈夫になったりといった効果が出てきます。
女性にとって髪の美しさは大切で、天使の輪ができるくらい綺麗な髪の人を見かけると、しばらく見とれてしまいますよね。
そんな綺麗な髪を目指していけるのがシリカ水のパワーでもあります。

 

フレシャスウォーターは、飲むだけでなく、スプレーとして顔に吹きかけたり、髪に吹きかけたりするのもおすすめです。
また、入浴時にお風呂に混ぜてみるのもよいそうですよ。
フレシャスウォーターをまだ知らなかった人は、まずは多くの情報を取り入れてみてくださいね。

フレシャスウォーターは現地でも人気?

フレシャスウォーターはフィジーに住んでいる人たちは毎日当たり前のように飲んでいるのでしょうか。
それとも、少し高価だけれど、どこでも購入することができて、私たちがコンビニで水を買うようにいくつかのミネラルウォーターと並んで販売されているのでしょうか。
正直、全く見当がつきません。
そもそも、フィジーに住んでいる人たちの暮らしぶりが分からないので…。
しかし、やっぱり気になるので軽くフィジーまで飛んで行ってフィジーの住人に聞いてみたいところでしたが、それは断念して別のルートから情報を仕入れてみました。

 

そもそも、フレシャスウォーターを製造・販売しているのはフィジーの中でも有名であるインターナショナルカンパニーらしいのですが、なんせ、フィジーの物価は安いのです。
しかし、フレシャスウォーターは日本円で200円弱。
これは日本でも安いミネラルウォーターとは言い切れません。
ということは、フィジーの人にとっては決して安いわけではないのです。
現地だからといって、価格が下がるわけではないようなので、フレシャスウォーターはあるけれど、購入するのはあるい程度のお金持ちの人だったり、他の人たちもたまに買えるという程度のようです。
しかし、フィジーを訪れる観光客にはやはり人気の様子。
何年も前にフィジーを訪れ、そこでフレシャスウォーターに出会ってから虜になったなんて人もいるくらいです。

 

 

フレシャスウォーターの人気の理由として、まずはデザインの良さが挙げられます。
おもわず写真を撮りたくなるようなキレイな色合いのラベルが特徴的です。
さらに、飲みやすさも人気の一つです。
ミネラルウォーターは硬水・中硬水・軟水に分類されますが、フレシャスウォーターは軟水(一部では中硬水)と言われていて、日本人でも飲みやすくて美味しいと評判がよいのです。

 

フィジーではフレシャスウォーターの工場見学もできるようですので、行ってみるのも面白く、勉強になるかもしれませんね。
ダイエットや肌がキレイになる、髪の艶感が出るなど、女性に大人気のお水ですからね♪
ケサランパサラン同様、女性に幸せをもたらしてくれますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ